ホーム ≫ 中和印刷スタッフブログ

中和印刷やイベントの最新情報を更新!

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
qrcode
 
まずは和歌山城!その1
和歌山市といえば紀州徳川御三家の城下町です。ということでまずは、和歌山城をご紹介。

和歌山城

こんもりと緑茂る虎伏山(とらふすやま)に白亜の天守閣がそびえ、御三家の威容にふさわしい風格を醸し出しています。

和歌山城は、天正13年(1585)に紀州を平定した豊臣秀吉が弟の秀長に築城させたのが始まりです。その築城を担当したのが、築城の名人藤堂高虎(とうどうたかとら)で、本丸・一の丸を造りました。

まず、秀長の城代として桑山重晴(くわやましげはる)が入り、慶長5年(1600)には、関ヶ原の戦いで功をたてた浅野幸長(あさのよしなが)が入城。

そして、元和5年(1619)には徳川家康の第10子・頼宣(よりのぶ)が入城し、紀州55万5千石の城となり、以来、水戸・尾張と並び、徳川御三家のひとつとして、長い歴史を刻んできました。

和歌山城の石垣には、紀州特産の青石(緑泥片岩)が多く使われ、たしかに和歌山に来たことを実感させてくれます。

天守閣に登れば、和歌山市街が見渡せ、紀ノ川がゆったり流れているのがよくわかります。
(和歌山市観光協会HPより)


和歌山城はお花見の名所。
またお城の周りにはランニングコースとしてランナーに親しまれています。
季節により、時間により(夜はライトアップされます。)色々な表情を見せる和歌山城。
まさに和歌山市のシンボルです!




















写真はすべて当社のカメラマンが撮影しました。


和歌山市の名所 | 10:04 | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 10:04 | -
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wakayama-info.jugem.jp/trackback/7